小鼻の毛穴の開きと汚れを消すクレンジング

視線が気になる小鼻の毛穴と開き!きれいに消すクレンジング方法

小鼻の毛穴の汚れを落とすクレンジングはとても大事で、
クレンジングをしっかりすれば、小鼻の毛穴も肌もかなりキレイになりますよ。
小鼻の毛穴をきれいにするポイント
毛穴の汚れを落とすクレンジングの方法は、専用のクレンジング剤でしっかり泡立て、
泡で包み込むように優しく洗い落とすのがコツです。

 

そして、その後、しっかり保湿することです。

 

クレンジングする際、
肌を強く擦ったり洗いすぎるとかえって小鼻の毛穴が拡がるので要注意です。

 

また、メイク落としコットンを利用する時は、できるだけ擦らずに落とさなければなりません。
力を入れないようにして、慎重に使用し、けちらずに何枚も使用することです。
きれいなコットンを使いましょう
汚れているコットンで拭くと、肌に汚れをなすっているのと同じなので余計に毛穴が汚れます。

 

クレンジング剤だけでも、毛穴に入りこんだメイク汚れや余分な皮脂は十分に落とすことができるのですが、
皮膚に残ったクレンジング剤が気になるのであればダブル洗顔するといいでしょう。

 

毛穴の汚れを落とす時は、一番メイクの濃いところから使用することが大事で、
目元、唇、眉などメイクが濃い部分にクレンジング剤をたっぷりと馴染ませて行って下さいね。

 

毛穴パックがさらに小鼻を開く原因に?

毛穴パックは肌へのダメージが懸念されます。

 

毛穴の角栓をなくすために毛穴パックをすると、はがす時に肌へダメージが大きくなります。
毛穴を気にする女性
毛穴パックを頻繁に使用すると、
毛穴の開きが目立つようになり炎症を起こす危険性もあります。

 

また、毛穴が開いてしまうと黒ずみの原因にもなります。

 

毛穴パックは汚れを落とすのに有効なのですが、
肌の表面の大切な粘膜も傷つける恐れがあるので注意が必要です。

 

特に短期間で定期的に毛穴パックをすると、肌へのダメージがかなり大きくなります。

 

毛穴パックは張り付けてからはがすという方法になるので、
どうしても汚れと一緒に必要な部分の角質までもはがれてしまいます。
スキンケアを勉強する女性
毛穴パックを使用すると、キレイに毛穴汚れが取れるので、爽快感はあるのですが、
結果的に、大切な肌をキズ付けてしまうことになります。

 

キレイに汚れが取れても、数日すればまた角栓が溜まります。

 

一度毛穴パックで炎症を起こすと、
その上にメイクをすることで更に肌を悪化させてしまいます。

 

毛穴ケアをする時は、毛穴パックは避け正しい方法でクレンジングをしましょう。

 

シミ対策について簡単な方法はないの?TOPページへ戻る